2010年4月30日金曜日

胡蝶蘭 飾り方の考察①


 
ミニ胡蝶蘭を小品盆栽風にアレンジしてみました。
・ミニ胡蝶蘭:ノビスエミー
・鉢は無印のアカシアボール(鉢底の穴をドリルであけてあります。)
・受け皿は無印のアカシアプレート
・表面の装飾はシラガゴケと富士砂
・枝
・枝と茎をシュロの繊維で、見えないように結んであります。
中に浮くように軽く結わいてあるだけなので、風が吹くと揺れます。
 
 
 
ボリュームではなく、1本立ちだから美しく飾れる。
 
        そういう価値観を作っていくことを目指したい。
 
 
 
 
 
さて、この胡蝶蘭を私の好きな、空間に置いてみました。
そこは、私の生まれ育った、白の壁と黒の床に囲まれた、3畳の空間。
 
 
そこでは、ものの陰影がはっきりと表れる。
 

 
 

 
 
はて、この場合、
  
   花を”陽”の側に置くのが正解なのでしょうか?
   
         ”陰”の側に置くのが正解なのでしょうか? 
 
 
どんなもんだろう・・・。
上の写真の方がしっくりくるかな。
 
 
 
 
 
  

4 件のコメント:

しんびすと さんのコメント...

Great!!
陽!!

ishiko さんのコメント...

コメントありがとう。

写真撮るときは、どっちに置いたらいいだろうって悩んだんだけど、写真にしてみると、陽側に置いた方がしっくりくる。

花は、元々陽のものだからかな?

しんびすと さんのコメント...

蘭の花は日を求めて咲くからじゃないですか?
(腐生蘭は別として)

もともと原種が咲く環境が大きい気がします。

陰で存在感が出る花もあると思います。
Cymbidium whiteaeなんて陰が合う気がしませんか♪

ishiko さんのコメント...

何故か、今日は下の写真の方がよく見える。その日の心の問題か・・。

被写体である花を中心に考えると、上の写真の方がよいと思うが、空きを中心に考えると、明るい方に余白を取った方が美しい。


飾り方って難しい。
もう少し考えてみます・・・。