2010年3月7日日曜日

長谷川等伯


昨日は、国立博物館に「長谷川等伯」を見に行ってきました。
 
動物や虫、植物の描写がスゴイ!
今にも動き出しそうな雰囲気で描かれています。
特に、萩や松を描いた、屏風画のバランス感覚はとても勉強になります。
 
 
霧のかかった松林の風景に引き込まれ、画の中に流れる空気・湿度・温度が自然と伝きます。
 
 
感動や圧倒という感覚ではなく、静かに引き寄せられる感じ。
 
 
何を語るよりも、まず見た方が良いといえる作品が、沢山展示されています。
22日まで、開催。
是非・・。
 
 

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ブログって毎日まめに更新するんですね。
私の周りにはいません。
ところで10月に丸山応挙 雪松図屏風を見てください。
これもすばらしいそうです。
私の死ぬまでに見たいものNO1です。


TM

ishiko さんのコメント...

まめ? あはは、暇なので(笑)。

応挙! 絶対見ますよ。
楽しみが増えました。